topimage

2017-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感動の引退ストーリー - 2009.06.22 Mon

息子アイスマンの文化祭がありました。
この文化祭のステージを最後に、軽音部3年は引退。


・・そのまえに。。

高校受験を控えた中学3年だったアイスマンは、野球部を引退する前から
友達とバンドを組みたい、ギターが欲しい、と言い出しました。

もちろん、私とポストマンの返事は「受験が終わってから」でした。
アイスマンは親の意見を聞き入れて勉学に励み、志望高校へ無事入学。

入学祝いにギターを買ってあげました。

高校での体験入部。念願の軽音部へ。
音楽選択のクラスだったおかげで、音楽好きの友達が
アイスマンのまわりに集まりました。

そして、バンドNH結成。

初心者バンドではあったけれど、さすが、集中力・記憶力抜群のエリート高校の生徒(笑)
ライブを何度も経験し、どんどん上達して、いっちょまえなバンドに成長しました。

しかし、バンドというものは、諸事情で休止したりメンバーが辞めたり元に戻ったり。
いろいろとあるものです。
そんな中、引退まであと少しというところで、我が息子アイスマンは、ひとりそのNHを
抜けました。

それからというもの、軽音部のライブを聴きに行く私は、辛いものがありました。
1年生からやってきたNHの思い出が深すぎて、アイスマンのいないNHのステージを
見ると悲しくなりました。
NHの18番で、何度も聴かせてもらった「セイリングデイ」の演奏が始まると
こみ上げて、ホロリ。

・・アイスマンが新たに結成したバンドもかっこいい。
でも、やっぱりNH。表には出さないけれど、私以上にアイスマン本人も、
NHで引退したかったはず。きっと、そうに違いない・・。



そして迎えた軽音部引退の文化祭。

初日、アイスマンは現バンドの演奏も最高にきめてくれました。

翌日、文化祭のトリを務めた前バンドNHの演奏が始まりました・・
そこに、アイスマンの姿はなし。。わかっているけれど。淋しい。
アイスマンはステージの下で彼らの演奏を見守る。。

軽音部3年、最後。
始まりから皆、涙してました。
私も流れる涙をハンカチで押さえたまま、聴きました。

校舎の中庭は彼らのライヴでどんどん熱くなり、ついにラストの曲。
思い出いっぱいの「セイリングデイ」
アイスマンの弾いていた姿がよみがえり、号泣でした。観客ももらい泣き。

そして最後を飾るにふさわしいシーンがやってきました。。
最初から号泣のまま叩いていたドラムのK君が、演奏途中に突然
「上がって来い!!!!」とアイスマンをステージに引っ張り上げました。
ステージ下のみんなもいっしょに、アイスマンをステージに・・。

「最後、弾けよ!」とギターを渡されるアイスマン。ステージは感動のドラマ。
曲の最後は、アイスマンが歌って締めくくりとなりました。

君たち、最高!

みんな抱き合って、しばらく泣きました。
軽音部と共に青春を味わうことができた親もいっしょに写真も撮りました。

親と生徒がひとつになっているのを横で見ていた先生は
「こんなのは初めてです。今まで見たことにない。実によかった!!」と
おっしゃってました。

中学3年からの夢。叶えたのはアイスマン。

そんな昨日は
アイスマンの18歳の誕生日。最高のバースデープレゼントとなりました。

ポストマンも、父の日に息子から最高のプレゼントをもらったと歓喜です(*^_^*)

blogneat1.jpg

blogneat2.jpg

blogneat3.jpg

blogneatoyako1.jpg
スポンサーサイト

● COMMENT ●

ひゃ~昨日は涙…涙…やってんねぇ~
えぇ話や

土曜日はありがとね
アイスマンめちゃ上手になったね
あっ、復習しなくちゃ

タコツボちゃんへ

そやでぇ 感動したでぇ
胸いっぱいになって、ドラムのK君のとこ行って、
「ありがとう!!!」って言ったよ~(*^^)v
また来年も行こうなー♪♪来年からはのびのび見れそう(^O^)

アイスマンのギター、すごいやろ(^^♪


管理者にだけ表示を許可する

まだまだ♪ «  | BLOG TOP |  » 久々の体育館

プロフィール

いーちゃん

Author:いーちゃん
時々トリマー。
家族は、旦那、大学院生の息子、ペット系営業職の娘、ウエスティ3頭。
トムクルーズファン歴32年(トムと会話経験有♪)/登山/カメラ/動画編集/ギター/英会話/モノ作り/心理学/自己啓発/冒険好き/バレーボール(サークル)ソフトボール(連盟)、ラグビー(指導員)経験あり

★特技はウエスティのトリミング。 我が家のウエスティ・ジャムはオーナーハンドラー(旦那)によるJKCチャンピオン。

最近の記事

最近のコメント

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

ブログ翻訳

powered by 電脳PC生活
powered by Silver Windows

ブログ内検索

FC2カウンター

QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。