topimage

2017-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ありがとう - 2008.12.30 Tue

ほんの2週間ちょっと前のことが、
もう数年前のことのように、記憶の中から消えていこうとしています

普段から、辛いことは忘れて次へ進む気持ちが強い人間の性。

涙は出ない。
涙は、これから日々を暮らす中、思い出を振り返る場面で、こみ上げてくるもの。


でも忘れてはいけない。
ここへ記します。



12月10日。
主治医から 「年末か、お正月ごろだと思います・・」。
・・という余命宣告。

あと20日?と思ったその3日後。


家族のため、一心に温もりをささげてくれた父は
新しい年を迎えることなく、今月13日に急ぐように逝ってしまいました。


↓続き

去る8月。
手術でリンパに転移が見つかったものの、希望を持たせようとする
医師たちの説明のおかげで、両親は手術の成功を喜びました。

ネットで知識を得ていた私は、両親たちの安堵の陰で、ひとり、覚悟を。


ガンの痛みというものは、生きようとする者の希望をすべて
奪ってしまうものです。

再入院するまでの1か月の間、痛みに耐えながら
父は自分の旅立ちのまえに、残される母のため、あらゆる準備をしました。

母が乗っていた自転車をもっと質の良い自転車に買い替え、
母の眼鏡もよく見える眼鏡に作りかえ、
キッチンのガスコンロ、炊飯器、他、新調しました。

相続税など、法的な手続きに困らないよう、父の名義になっている貯金など
一部をのぞいて、ほとんど母の名義に変えました。


入院の直前の晴れた日には、最後のデート。
よくふたりで行っていた近くの山に車で行き、野原に寝転んで、
青い空に浮かぶ雲や、小さく見える飛行機を、ふたりで仲良く眺めたそうです。


「いい友達だけをたくさん作って楽しく暮していけよ。。」
父は、残される母にいろいろと遺言を残しました。



そして、父が病に倒れてからの父と私のふたりだけの時間は、
たっぷり話をすることができました。


痛みに苦しんでいた父は、なぜか私が見舞いに行く時間はいつも、
不思議なくらい身体の状態や気分が良くなり、父とふたりでイキイキと、
おしゃべりができたことは、私にとって



「また明日来るわね!」

「疲れないようにな・・。気をつけて帰れよ。ありがとう」





その翌日の薄暗い早朝。

意識があるうちに会えてよかった。

言葉にならない父との会話。
孫も全員そろって、最期の別れ。
言葉のかわりに出る父の涙。


夕方

痛みもなく、穏やかに、静かに、眠るように、逝きました。




告別式の朝、私は父の畑へ。
この日に合わしたように花が満開に咲きそろっていました。

父が自分で育てた花を両手いっぱいに摘み、父の棺へ。




ありがとう。
父が私を育ててくれたように、私も子供たちをしっかり育ててゆきます。
父からもらったぬくもりを胸に。




お気遣い頂いた友達、犬仲間、
「トリム来年でいいよ」とおっしゃってくれた犬のお客さま、
トリム中、私を癒してくれたワンコたち、
温かい言葉をかけてくださったまわりのたくさんの人たち。
すべて私の励みになりました。感謝です。 



新しい年は
良い年になりますように。


スポンサーサイト

● COMMENT ●

ぼろぼろ泣きながら日記拝見しました。
・・・心に響く、よい日記やなあ!

ここのところ、更新がなかったので「もしや」と思ってた・・・

ただただ、お父様のご冥福をお祈り致します。



管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

素晴らしいお父様。
痛みと恐怖に耐えて、なお残される者を気遣えるなんて。
今頃は開放されて笑顔でみんなを見守ってらっしゃるんでしょうね。
ご冥福をお祈りします。

そうでしたか・・・・
ただただ、ご冥福をお祈り申し上げます。

今年は、良い年でありますように。

かずちゃんへ

コメントの返事が遅くなりました(^^ゞ

日記書いてる私は泣いてへんのに、かずちゃんが泣くとは^m^
ありがとうね。わたしらの親はもういい歳だもんね。
昨年は、父が入院していたことがきっかけで、かずちゃんに数年ぶりに
会うことができて良かったよー(*^_^*)

〇か〇さんへ(^v^)

ありがとう♪おかげさまで穏やかに新年を迎えたよ。。

・・ほんと、私もまたこの時期かぁ・・と思いました。
激痛に耐え難くなっていた父が慌てて旅立ったのは、郵政に勤めていた経験上、
郵便局員である婿の大変さと、娘の年末ギリギリの大変さを
わかっていたので、旅立ちを急いだようにも思えて。

また楽しい日々を過ごそうと思ってるので、今まで通り、大阪のおかんの
様子を楽しみにしててくださいな♪

mieさんへ

ありがとうね!

痛みの恐怖とその後のことを考え、「早く死にたい」と言っていた父の様子を見ていて、
まわりは皆、「別れは悲しい、でも、辛さから解放してあげて欲しい」という気持ちを
いつしか持つようになったので、見送りは想像していたほど辛くはありませんでした・・

天国の父や兄に見守られながら、今年もバリバリ頑張ります!
今年もよろしくね。数日後には寒中見舞い出しますよ~(^v^)

慎之介さんへ

ありがとうございます。

今年は母を支えつつ、私もますます若さを発揮し(笑)
絶対にいい年になるよう、今まで通り(ムリをしないで?)
前を向いて頑張っていきます。
慎之介さんも頑張っていきましょう!

ご冥福をお祈りいたします。

私は季節ごとに、事あるごとに、父を思い出す日々が続いています。
でも、いつか「時」が穏やかな気持ちにさせてくれました。
今年も、父の写真の前に花を飾っています。

これからも応援しています。

真昼さんへ

ありがとうございます。
そうですね。私も時にまかせます・・

ブログで家族のことをリアルに書いているのは、
父のことで心配なことがあったときに、ネットで検索し、気持ちが楽に
なることがよくあったからです・・
真昼さんのブログも、その中のひとつです。色々と勇気づけられます。
これからもよろしくお願いしますネ!

そうそう。明後日は花園(準決勝)へ行きます(*^^)v 
ラガーマンから元気をもらってきます♪


管理者にだけ表示を許可する

今年も頑張るぞ(^O^)/ «  | BLOG TOP |  » 展覧会 その2

プロフィール

いーちゃん

Author:いーちゃん
時々トリマー。
家族は、旦那、大学院生の息子、ペット系営業職の娘、ウエスティ3頭。
トムクルーズファン歴32年(トムと会話経験有♪)/登山/カメラ/動画編集/ギター/英会話/モノ作り/心理学/自己啓発/冒険好き/バレーボール(サークル)ソフトボール(連盟)、ラグビー(指導員)経験あり

★特技はウエスティのトリミング。 我が家のウエスティ・ジャムはオーナーハンドラー(旦那)によるJKCチャンピオン。

最近の記事

最近のコメント

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

ブログ翻訳

powered by 電脳PC生活
powered by Silver Windows

ブログ内検索

FC2カウンター

QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。