topimage

2017-06

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

立山デビュー - 2014.09.15 Mon

遠くてなかなか行けてなかった北アルプス
“立山”に行ってまいりました。

連休前、木曜の夕方から出発し、立山駅の駐車場に車中泊。

金曜の朝一番の7:00発のケーブル(7分)と
立派な高原バス(50分)で室堂へ。
連休前とはいえ、結構登山者がおられます。さすが立山。

10キロ以上のザックは有料で、ポストマンのザックは
バスの荷台スペースに入れることになったので、広い座席スペースで
室堂まで悠々…

8:10室堂到着。

tIMG_7215.jpg

立山の写真でよく見かける、みくりが池です。
tIMG_7223.jpg

今回の山行は、贅沢をして、ヒュッテ泊。
温泉、2食付。しかも個室を予約。
(たまにはゆるい山行もいいさ。出発当日も仕事してたんだし(^^ゞ)
石鹸、シャンプーも使える極楽な山行。

ヒュッテのチェックインは12時。
9時半に到着し、ザックを預かってもらおうと入ると、
「チェックイン可能」とのこと(^^♪おーラッキー\(^o^)/


さぁ、登ろう!

テント泊と違い、夕食の時間までに帰らないといけません。

別山までぐるりと縦走したかったけれど、ちょっと余裕が
なかったので、真砂岳手前で下山する予定で出発(9:40)しました。

室堂経由のコースで一の越に着(11:13)。

tIMG_7265.jpg

一の越から雄山への急登。
落石注意な場所で、落ちてくる危険よりも
自分が石を蹴らないよう登る緊張感でどっと疲れました(>_<)

tIMG_7276.jpg

ヒュッテ出発からここまで2回のおにぎり休憩をとりつつ、
雄山、12:15登頂。
雄山神社。立山の写真でよく見る風景だ~

そして、そしてー、
今回の山行の楽しみ、映画“春を背負って”のロケ小屋!!
(12:55~)

tIMG_7281.jpg

これかぁ~~♪(*^▽^*)

俳優さん達、ここで撮影してたんだなぁ
ミーハーな夫婦、感激☆

tIMG_7287.jpg

雄山を経て、大汝山へ。
立山最高峰の、そのまたてっぺんに登りました。

昨日、義母は登頂のプチ映像を見ながら、

「まさか立つんちゃうやろな。。立つなよ、、、立つなよ、、」

私「さてどうでしょう…」

そして仁王立ち。

義母「このおてんば~~~~!!(>_<)」

爆笑。

この義母とのやりとりはいつものことですね(^^ゞ

ポストマンの岩登りは動画にて。( ̄▽ ̄)ニヤリ


そのあと、ひたすら下山。(13:30~)
苦手な乾いた砂&小石。足元が滑りそうです。
途中から右膝にきて、ペースが落ちましたが、屈伸すると治った…
ザ単純明快マイ足

私たちと距離を開けずに下山していたお兄様5人組の会話
「ここで滑落しても、遺体の回収してもらえそうやから安心やな~」
「そやな~」


安心ちゃうわーい(>_<)

ヒュッテ近くまで下りてきて、ちょっと道に迷いました。
というのも、だいぶ前を歩いてたお兄様方が行く方向へ
ついて行ったからです(^^;)
(「お兄さんら、あっち行ったから、あっちやで」と間違ったこと
言ったのは私です(>_<)反省)

川が渡れなくて、行ったり来たり歩いてるうちに、正しい道を発見。

しばらくして道を間違ったことに気付いたお兄様方、
私達よりもかなりかなり遅れて橋に到着(^^ゞ
どんま~~い

「勝ちほこった感」に満ちあふれる我ら( ̄▽ ̄)イ-ヒ-ヒ-

16:00 ヒュッテ着。

他の登山者さん達と密着してテーブルにつき、賑やかな夕食の
ひととき。これも良いもんですね。
立山の小屋は剱岳を登って来られた方も多数宿泊されてます。
年齢的に、私たち夫婦が一番若かったかな…
宿は経済面で余裕のある年配の方が利用するというイメージ。
ちょっとだけ若い私達には費用的に贅沢(;^ω^)
でも、たまにはいいさ。

そのあとの温泉の気持ちよかったこと♪
想像以上に広くて、しかも温泉には、私ひとり。
「はぁ~極楽~~~~~」
癒された~~~

ちょとワロタ、アイスの貼り紙(≧▽≦)↓

tPIC_0185.jpg

tPIC_0184.jpg
「アイス200円」でわかるところ、小学生が描くようなイラストを
加えてるのが好き(≧▽≦)。

夜、外は一時豪雨。
去年の木曽駒ヶ岳を思い出しました。

ポ・い「ヒュッテ泊でよかったな」「ほんまやで」

NCM_01311.jpg
赤い線が1日目、青い線が2日目。


2日目、7時にチェックアウトして、剱岳が見えるところまで
登ろう!ということで、7:08 奥大日岳方向へ出発。

tIMG_7325.jpg

気の良さそうな登山者さんにはどんどん声をかけて、かけられて、
山情報をいっぱい仕入れながら山歩きを楽しみました。

途中からは、埼玉在住の73歳のご夫婦といっしょに登りました。

旦那さんの方は前日は高山病を発症されたそうですが、
小屋で1時間ほど酸素吸入などして、回復したそうです。
途中の休憩で薬を服用されてましたが、それは私と同じです(^^;)
私もじんましんの薬を服用しながらの山行です(^^ゞ

稜線に出て、目の前に剱岳が見えた時の感動♪
かっこええ~~~

槍様もかっこいいけれど、剱様もかっこいい。
ザ岩!!!

tIMG_7364.jpg

ボルダリングで鍛えて、ヘルメット買って、いつかは剱も登りたいと
思います。

tIMG_7368.jpg

9:30 コーヒーを沸かして、剱岳を眺めながら45分間休憩。

奥大日岳を目前にして、今回はこれにて下山。

午後に向けてガスが多くなってきました。
快晴のうちに山行が楽しめました。

山に感謝!!!

14:35に駐車場に戻ってきました。

付近の温泉を検索して見つけた温泉に行ってみると、
そこは日帰り温泉の看板のあがっていない民宿でした。

知らずに入ったのですが、民宿のご主人が
「今、入浴準備できましたから、よろしいですよ、どうぞ」と
入浴のみの私達を快く迎えてくださいました。
ありがたや~~~( ;∀;)
(とてもいいお湯でした(*´▽`*))

初めての富山。初めての立山。
良いところでした♪


2日間の動画(前編・後編)です。







にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
にほんブログ村 動画紹介ブログ 趣味動画へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

● COMMENT ●

お疲れさまでした。

富山県では、
小学6年になると全員立山に登ら「されます」。
もちろん私も妻も子供たちも行ってきました。

満足してもらえて幸いです。

片田舎動物病院 院長先生へ

なるほど~~
雄山に着くと、小学6年生らしき団体がいました。
皆、元気でしたよ~
(撮ったビデオの雄山のシーンは小学生の賑やかな声がいっぱい)
でも、あの岩だらけの急登、引率する先生も大変ですよね??
正直、あの小学生の団体といっしょに登らなくてヨカッタと
思いました(^^ゞ

立山に向かう旅の途中に先生にコメントさせてもらったこと、
山の思い出のひとつになりました(*´▽`*)
(ヘリで運ばれなくてよかったです( ̄▽ ̄))

アタシの好きなセリフ満載(^◇^)
楽しませて頂きました

ほんと 綺麗よねぇ
見てるだけやのに 行った気分になれました
ありがとぉ

でも。。。。思ってんけどさ
ほんと 仲良し夫婦やんね
ウチの夫婦やったら(絶対に一緒に山登りはないと思うけど)
途中で喧嘩してると思うわ

で 落石注意?シメシメ(^m^)。。。。。。
チャンチャンチャ~~~~ン♪(火曜サスペンス風ね)で
船○英一郎さんのお出ましになるわぁ きっと

TOKOちゃんへ

ふふふ。
動画をUPするのが頭にあるので、無難なセリフに
なってます(笑)
ビデオ回ってなかったら、オブラートで包まずに
ずばり言っちゃってると思う…

落石。
故意ではなく、うっかり蹴った石が人に当たっても、
賠償が発生するから、目撃されんように気を付けてね
( ̄▽ ̄)コワ
石の大きさも選んでね( ̄▽ ̄)コワ


管理者にだけ表示を許可する

あるニュース、&犬。 «  | BLOG TOP |  » フルートの音色に誘われて

プロフィール

いーちゃん

Author:いーちゃん
時々トリマー。
家族は、旦那、大学院生の息子、ペット系営業職の娘、ウエスティ3頭。
トムクルーズファン歴32年(トムと会話経験有♪)/登山/カメラ/動画編集/ギター/英会話/モノ作り/心理学/自己啓発/冒険好き/バレーボール(サークル)ソフトボール(連盟)、ラグビー(指導員)経験あり

★特技はウエスティのトリミング。 我が家のウエスティ・ジャムはオーナーハンドラー(旦那)によるJKCチャンピオン。

最近の記事

最近のコメント

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

ブログ翻訳

powered by 電脳PC生活
powered by Silver Windows

ブログ内検索

FC2カウンター

QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。