topimage

2017-07

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四国の百名山 剣山へ その1 - 2012.10.28 Sun

快晴の金曜日。
四国・徳島の剣山へ登ってきました。

遠いので、前夜車中泊です。
ふたりとも仕事をした日の夜。ポストマンは8時過ぎに帰宅、休憩せずにすぐあとの出発だけど、
長距離だけど夫婦だけなので運転は気兼ね無用です。
「ふたりだけやし運転しよか?」と言うけれど、ポストマンは「いらん」とのこと。
私のセレナ運転は信用されていない…(-ε-o)ボソッ

夜9時35分出発。淡路島を通過し11時24分に四国上陸。
そこからが大変でした。車1台しか通れない山道ばかり。ヘアピンカーブだけでもすごい数。
延々くねくね山道。剣山に登った近所の友達から話を聞いていた以上にすごい道でした。
深夜なので、奥深い山道はとても不気味(^_^;)それが延々1時間以上。
途中、タヌキ数頭、そして突然、鹿が車の目の前に飛びだした時は危うくひいてしまうところでした。

深夜1時45分、駐車場到着。5台ほど駐車中でした。
速攻、寝て、6時半ごろ起床。

NCM_0596.jpg
山岳用シュラフ。こんな感じで寝ます。

夜中走ってきたので景色は全然見えなかったけれど、目を覚ますと
とてもキレイな紅葉に囲まれていました♪
ドラえもんの“どこでもドア”で別世界に飛び込んだようです。

朝食を食べている時にどんどん車が入ってきましたが、登山の準備が整った皆さんは
登山口に向かわず、じーーっと待ってました…
ん?なんで、登らんの?

…ほとんどの方がリフトを利用して山登りする方ばかりで、みなさん「リフト営業待ち」でした。
これにはびっくりです。

7時40分。登山開始。

IMG_8647.jpg

IMG_8639.jpg

宝剣岳に登ってからというもの、岩を見ると寄り添いたくなる…。
寄り添うのは岩です。私たち夫婦じゃありません(-ε-o)
左は断崖絶壁です。

bNCM_0604.jpg

IMG_8693.jpg

登山口からピークまでは標高差610m、距離は4キロほど。
リフトであれば往復1800円で中腹まで一気に上がります。自分の足なら、中腹のリフト駅まで
1時間かかりません。1800円×2、3600円。もったいなすぎる( ̄‐ ̄#)
3600円あったら美味しいもん食べれるがな(`‐ェ‐´)。

ビデオ撮ったり休憩しまくってローペースの1時間50分ほどでピーク(1955m)に到着。

IMG_8716.jpg

平日なのでほとんど登山者はいません。
四国第二の山なので、高知や香川、愛媛、四国の山々を360度見渡せるピークでした。

1時間弱休憩したのち、頂上ヒュッテへ戻り、山バッジをゲット(*^^)v
そのあと、一ノ森(1880m)へ縦走しました。
11時15分。そこで昼食。トン汁うどんを作って食べました。
(家を出て15分頃、冷凍うどんをザックに入れ忘れたことに気付き、
阪神高速乗る前にコンビニで乾麺買った…忘れてること、よぉ思い出したわ(#`-_ゝ-))

12時30分。一ノ森から下山へ。

さぁ、ここからが楽しかった!!

剣山にはクサリ場があると聞いていたので「行ってみよ♪」とふたりでワクワクしてました。
初心者の山だし、大丈夫だろう♪
でも、一応、案内図には「体力と装備のある方のみ可」とありました。…体力はあるある。
遠回り(寄り道)して下山です。

クサリ場の前へ到着。。

なぬ????狭っ!!!!
ザックが引っ掛かるんちゃうん!?
しかもいきなり垂直かいっっっ!

NCM_0610.jpg

いや、イモトはこんな角度を「垂直」とは言わなかった…
これでも「寝てる角度」なのだろう…

岩を登る靴ではないので、すべる。すべるということは、腕力勝負。
右腕ガクガクでした(;′△`)自分で自分の体重を支えないといけないので、
体力のない体重の重い人はムリです。
・・・重いポストマンはかなり辛そうでした。

ちなみに登りの左横は絶壁でした。それを考えず、見なければ怖くありません。
宝剣岳は景色が凄すぎて怖かったけれど、角度はマシなので腕力・脚力は気にせず登れました。
でも、ココは体力なしでは登れない場所でした。

ワーワー言いながら登っていたせいか、近くにいた野生の鹿がピィーーーピィーーーと
遠吠えを始める始末(#`-_ゝ-)鹿君、うるさくして、ごめんね(;´・ω・`) 

クサリを終えたあとに続く道がわかりにくくて、20メートルほどプチ遭難。
気が付けば藪の傾斜を登ってました(^_^;)
クサリ場を経由する人がほとんど居ないので、標識もなく、草ボーボー、道がわからなくなってるのでした。
(マムシの出そうな真夏じゃなくてヨカッタ(´-∀-`;))
でも、秘密基地を作っていた小学生の頃を思い出し、ちょっと懐かしい気分になれました。

無事に正しい道へ出て、中腹のリフト駅を通過、3時頃駐車場へ戻ってきました。

そして、駐車場の売店でおきまりの「お疲れちゃんソフト」

NCM_0613.jpg

帰りに、観光名所「祖谷のかずら橋」へ寄りました。
fb友達が、「怖いよ~渡れないよ~」と言うので、寄って渡ってみたのですが…
ぜーーーんぜん・・・怖くありませんでした。。期待してただけにちょっと残念。
やっぱり吊り橋は谷瀬の吊り橋が最強ですね。

IMG_8749.jpg

徳島自動車道のSAでお風呂入って晩ご飯食べて帰阪。
11時頃帰宅。娘に寝かせられた犬たちはみんな爆睡、夢の中でした。

スポンサーサイト

● COMMENT ●

く、く、くさり・・・v-399
つ、つ、吊り橋・・・v-394

やっぱソフトクリーム食べなくちゃねv-411
うんまそだな~~~v-294

タコツボちゃんへ

あのクサリ場、タコツボちゃん、絶対ムリやで・・・
私らでも手ぇ、ぷるぷるになった・・・クサリを握る力、めっちゃ必要だったわ。

車のクネクネもたぶんタコツボちゃんゲロりんちょちゃうかな(。>皿<。)
私でもゲップあがってきてたから・・・( ̄‐ ̄#)

ソフト食べてるポマンの目、やらしいやろ(笑)


管理者にだけ表示を許可する

四国の百名山剣山へ その2 «  | BLOG TOP |  » たまにチョイスします、ウエスティ。

プロフィール

いーちゃん

Author:いーちゃん
時々トリマー。
家族は、旦那、大学院生の息子、ペット系営業職の娘、ウエスティ3頭。
トムクルーズファン歴32年(トムと会話経験有♪)/登山/カメラ/動画編集/ギター/英会話/モノ作り/心理学/自己啓発/冒険好き/バレーボール(サークル)ソフトボール(連盟)、ラグビー(指導員)経験あり

★特技はウエスティのトリミング。 我が家のウエスティ・ジャムはオーナーハンドラー(旦那)によるJKCチャンピオン。

最近の記事

最近のコメント

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

ブログ翻訳

powered by 電脳PC生活
powered by Silver Windows

ブログ内検索

FC2カウンター

QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。