topimage

2017-09

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山小屋デビュー♪1日目。 - 2012.09.17 Mon

幼なじみで山仲間のタコツボちゃんと3人で、日本三名山の白山へ登ってきました!
日本三名山は富士山、立山、白山。体力度は中級以上、技術度は初級の山。
北陸です。日本海、能登半島が見えたらいいな~とワクワクしながら
午前4時出発!!

家から3時間20分で登山口行きのバスターミナルへ到着。
15分ほどバスに乗って、登山口へ。

(小さめの画像はクリックで大きくなります)

IMG_7688.jpg IMG_7692.jpg
                               吊り橋の上にスズメバチの巣が…

IMG_7703.jpg IMG_7748.jpg
山小屋までは、6キロほどなので、伊吹山程度。
ほぼすべて安全な登山道で、登りやすかったです。標高2000mくらいまでは、地味な景色でした。

IMG_7740.jpg
大阪から来られた親子。子どもちゃんは4歳!愛想バツグン!可愛かった~。
中級クラスの山に自分の足で山頂まで登ったんです。たくましい!
2日目のバスもいっしょで、麓の数ある温泉でもいっしょになりました。

IMG_7728.jpg
ようやく見えてきた山頂

途中、湧水が流れる場所に、土管の基礎でできた道があり、関東から来た若者たちが
楽しげに土管に入ってるのを見た私は「わぁ!楽しそう♪」

はい。そのあとはご想像どおり。
「私らもやろぉ~~!((o(´∀`)o))ワクワク」
若者のひとりに「すんません、写真撮ってくれますぅ?」

「は、はい」と快く引き受けてくれた若者がボソッとひとこと
「僕らは若気の至りでしたことですが…(^^ゞ」

なぬぅ?
「若気の至り…って、それって、私らは若くないと言うてんがな( ̄‐ ̄#)」

若者、関西弁が聞き取れなかった模様。。(^^ゞ

で、撮ってくれた写真がコレ。若者のひとりが上で演出してくれました♪

NCM_0273.jpg
1号室、2号室、3号室。とっても涼しかった!あーんど、めちゃ楽しかった。

IMG_7773.jpg IMG_7781.jpg
黒ぼこ岩。高所恐怖症の人は登れません。     こっちの岩は低い。


IMG_7792.jpg IMG_7798.jpg
山小屋までもうちょっと。              山小屋が見えた♪テンションあがるタコツボちゃん
疲れてるタコツボちゃん。   

IMG_7795.jpg IMG_7804.jpg
室堂ビジターセンター。受付します!         これが泊まる小屋。ガスってます。寒いっ。

NCM_0274.jpg
山小屋内。
気圧のせいか?顔がむくんでパンパン…(^_^;)

山小屋は、ひとり1畳以下の狭いスペースで、隣と密着して寝ます。
夜8時消灯です。それ以降は小さなヘッドライトで身動きをとります。
左隣にポストマン、手前にタコツボちゃん、右隣は知らないオッサンです。
私は仰向けに寝るとイビキをかきやすいので、左(ポストマン側)に横向きで
寝る努力をしたものの、なかなか寝付けず、気が付けば寝返りしてオッサン側向いてた…
(#`-_ゝ-)
オッサンにとれば、これも山の魅力のひとつ。か?

ちなみに、うっかり仰向けになってしまった時、私はガーガーとイビキをかいてしまったらしく、
夜中にポストマンに叩かれた記憶が残ってます。困ったもんです。とほほ。

山小屋デビューで100人以上の他人と寝ましたが、
枕が変わって寝つけないところに輪をかけて、あちこちから聞こえるイビキや、
歯ぎしり(3人ほど隣の女性)、必死でしゃべる大きな寝言(ポストマンの隣の人)、
うっかり鳴り出す携帯の音(真っ暗闇で携帯を慌てて探してるご様子(^^ゞ)、
トイレに行く人のゴソゴソ音、ぶー音(オナラ)などなど、ますます気になって寝れず・・・
とはいえ、想像してたよりも静かだったと思います。

ポストマンが夜中トイレに行ったのがきっかけで、脳が勝手に「トイレ→膀胱→尿意→…」と考える。
トイレへ行くほどでもないけれど、膀胱が膨らんでくるような気配でまた寝れない…。

山小屋の夜はそんなかんじ。でした。


…その前の夕方のことです。

交流好きな私にまたまた楽しい出来事。
広場で自炊してると、同じテーブルにお酒を飲みに来られた男性ふたり。

「話しやすそうな人たちや…」( ̄ー ̄)ニヤリ しかも見た目ラガーマン…ウヒ。

挨拶を交わして、どちらからですか?と聞くと
おふたりとも金沢に単身赴任されてるとのこと。(私の兄と同じだ…)
ひとりの自宅は大阪。しかも我らの地元。∑(゚ω゚ノ)ノ
そして、そして、やっぱりひとりは元ラガーマン!年齢は私たちとあまり変わらないので、
お互い身近なラグビーの先生の名前もポンポン出てきましたヾ(*´∀`*)ノ
4人で大盛り上がり!楽しくお酒を呑み交わし、初対面ながら、笑いの絶えない呑み会となりました。


NCM_0276.jpg IMG_7864.jpg
白山山頂をバックに宴会         翌日、山頂でばったり再会した時の写真です。

室堂の山小屋は食堂も広くて綺麗ですが、節約のため、今回は夕食(1600円)を申し込まず
自炊しました。メニューはママースパゲティ(ベーコン、タマネギ、ピーマン、ニンジン持参)と
マルシンのハンバーグとコーンスープ。
ポストマンのザックは持参したタマネギ臭が…。くっさ(#^ω^)。スマン、スマン。

日が暮れ、消灯の8時ごろまで、ビジターセンターでくつろいで、
小屋に戻り、翌朝のご来光登山の準備をして就寝…


つづく。

スポンサーサイト

● COMMENT ●

ブハハッ!!ブハハッ!!v-411
疲れているタコツボおもしろすぎる!!
マンガやがなv-426
あ~~お腹痛い(爆)

山小屋でぶー おもしろかったv-411
夜中に一緒にカワヤ行ってくれた人誰やろ~~?v-39ドロドロ~ンv-41

スパゲッティナポリタ~ン、マルシンハンバーグめちゃうんまかた~v-290

今回も色々ありがとね~v-436
下山に時間かかりすぎ・・・ガビーンv-406
すんまそんv-421
頑張ります!!v-398

タコツボちゃんへ

中級登山、お疲れ~~i-236

登りはほんま精神力勝負やな~しんどくても進まないとあかんからな~
下りは、怖がらずにひょいひょいとリズムよく足を出さなあかんよ~
登り時間の3分の2くらいの時間で下山しないと、遅くなって逆にしんどいからね~
そのためには、膝など足をしっかり鍛えとかないと。
ウォーキングで下山に必要な足の体力が付いてないということは、下山のための足の運び(コツ)を
学ばないといけないかもね(^^ゞ。

>夜中に一緒にカワヤ行ってくれた人誰やろ
(;゚д゚)え?. . 夜中トイレに行った人、帰りはいっしょじゃなかったん?
ドロロンえんま君か…e-236
そうそう、白山でブログリサーチしたら、白山登山道で霊体験した人のブログにたどり着いて、
読んで鳥肌立ったわ。

夜中、タコツボちゃんの足を踏んだ人も誰だったのかしらね( ̄ー ̄)


管理者にだけ表示を許可する

山小屋デビュー♪2日目 «  | BLOG TOP |  » 両親の思い出の地めぐり

プロフィール

いーちゃん

Author:いーちゃん
時々トリマー。
家族は、旦那、大学院生の息子、ペット系営業職の娘、ウエスティ3頭。
トムクルーズファン歴32年(トムと会話経験有♪)/登山/カメラ/動画編集/ギター/英会話/モノ作り/心理学/自己啓発/冒険好き/バレーボール(サークル)ソフトボール(連盟)、ラグビー(指導員)経験あり

★特技はウエスティのトリミング。 我が家のウエスティ・ジャムはオーナーハンドラー(旦那)によるJKCチャンピオン。

最近の記事

最近のコメント

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

ブログ翻訳

powered by 電脳PC生活
powered by Silver Windows

ブログ内検索

FC2カウンター

QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。