topimage

2017-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リベンジ登山 その3 - 2012.08.25 Sat

なんだか最近、ブログに載せる写真が大きくなってきたと思いませんか?
顔を隠さないオープンなFacebookの影響と、老眼のせいでしょうか、、、
顔など細かいところが見にくいので、モザイクを入れなくても平気になってきました(^^ゞ

目は衰えてきたものの…
体力はまだまだ若い子に負けてません。

1日目、急こう配の八丁坂で登山ツアー25人の団体さん達を一気に抜かしていく時に、
年配のおじさんが山ガールの私を見て、「お~山ガール!かっこいいなぁ」と
おっしゃいました。
それを後ろで聞いたポストマン、おじさんに向かって「ガールじゃないですよ」(-ε-o)ボソッ
おじさん「いや、いや、十分、ガールやわぁ~」

ガールやし(*^^)v
体内年齢を計ったら、いつでも19歳やし。

そして、中岳を登るときにすれ違った中学生男子が私に言ったひとこと。
「まだまだ若いですな~」…オッサンカ

私「なんて?若いって?そうよ、若いよ(*^^)キミおもろいなぁ~」
中学生「すれ違う人と友達になりたくて(^^ゞ」
40代のおばちゃんと友達に??ワロタ(≧▽≦) 

登山で人見知りは損です。見知らぬ人との会話から色んな知識を得ることもできます。
目を合わさないように登山してる人には挨拶しませんが、目を合わしてくれる人には
積極的な挨拶と励ましの言葉を掛け合います。



さて。前記のつづきです。
快晴に恵まれ、1日目に富士山を眺めるという目標をクリアしました。
すぐにガスってくるアルプスの山。山サイトの天気予報では木曽駒は夕方から曇り。
次の目標、夕日は無事に見えるのか…

NCM_0058.jpg

晩ご飯は焼きそばを作りました。
麺は1玉ずつでしたが、ふたりともお腹いっぱいになりました。
食後のココア、山荘で買った赤ワイン。。。
私もワインを飲むつもりだったのに…実は登山前日にお客ワンコに左手を
本気咬みされて、傷が深かったため病院へ…。
登山中、化膿しないよう抗生剤を服用してたためアルコール禁止( ̄‐ ̄#)
どよよんです(#`-_ゝ-)
2日間、消毒と塗薬をかかさず。なんとか治ってきましたε-(゚д゚`;)フゥ
facebookのみんなも言ってくれてたんですが、この傷が厄払いになって
快晴のリベンジ登山となったような気がしてます。
そういえば、薬を処方するとき、先生が「登山だったら、眠気やめまいがするような薬は
ダメねぇ?普通の出しときましょか?」と聞かれました。
きつい薬を服用してたら、宝剣岳は危なかった…ヨカッタ

日が暮れて、綺麗な夕日が見れました。

IMG_7480.jpg
御嶽山の後ろに太陽が沈みます。

0101JPG.jpg
沈んでから、ますます空が赤く色づきます。

夕日を堪能しました。

夜。かなり寒いのでダウンを着て寝ました。
そして、私はなかなか寝れず。宝剣岳の興奮冷めやらず(´゚ω゚`;)
ポストマンはワイン飲んだおかげで、すぐに眠りに就く…( ̄‐ ̄#)クソ

山サイトでは、夜も曇りの予報。さて星空は見えるのか…
が、そんな心配は必要ありませんでした☆
山荘の明かりが点いてる時間帯は満天の星空とは言えませんでしたが、
ポストマンが3時半頃トイレに行くと行って目を覚ました時に
テントから空を見上げると…
そこはまさにプラネタリウム☆彡星を隠すものが何もない、
ものすごい数の星、手が届きそうでした!

寝袋に入ってあおむけに寝たまま、テントの入り口から顔だけ出し、シューズを枕に
空を見上げました。
そして、そして、ポストマンはトイレに行ってる10分ほどの間に
流れ星4つ見ましたヾ(*´∀`*)ノ キャッキャッ♪
しかも、3つ目の流れ星は、とても大きくて、流れて消える時に燃えて光り、
最後に大きな火花を散らしました。超、超、超、感動でした!
深夜なのに「キャー!すごい!!」と叫んでしまいました。周りのテント泊の方を
起こしたに違いない(^^ゞスイマセン

山小屋に泊まってたら、この感動はなかったと思います。
テント泊最高!!!
ちなみにビデオや一眼のカメラに写すことはできませんでした。
ポストマンは流れ星をひとつも見ず…ドンマイ。

流れ星を見る!という3つ目の目標、クリアです。

山頂でご来光を拝むため、そのまま起きて、身支度しました。
日の出予定はAM5:10。山頂で朝ごはんを食べる準備もして、AM4:40テン場を出発。
どんどん明るくなってきてたので、猛スピードで登り、山頂を目指しました。

山頂にはご来光を拝みに登ってきた方が20人くらいいたでしょうか。。
変わってゆく空の色に感動してました。
デジカメで上手なナレーション入れながら動画を撮ってるおじさん。
そのナレーションが入るように私もその横で撮ればよかった(^^ゞ

IMG_7514.jpg

南の方向には前記その1で載せた「裏富士」もくっきり。
雲海の上にあるアルプスの山々の山頂からたくさんの登山者がご来光を拝んでる時間。
山頂から拝んだせいでしょうか、去年、乗鞍岳から見たご来光よりも感動しました。

IMG_7529.jpg
朝日を浴びる槍ヶ岳。壮大です。

ご来光を拝んだ登山者は私たちを除いてほぼ全員下山。
ひと組の夫婦がお湯を沸かしてコーヒー飲んでましたが、そのご夫婦もすぐに下山。
6時頃から30分ほど駒ヶ岳山頂は貸切になりました♪なんて贅沢♪

IMG_7544.jpg

放射冷却?気温は5℃。寒い ((;゚ェ゚;))
テン場から持って上がってきたウインナーと玉子を焼いて、コーヒーを飲んで、パン食べて、
山頂というリッチな場所で朝食をとり、下山。

木曽駒ヶ岳の天気は午後から下り坂とのこと。
行けたら行こうと決めてた“馬の背~濃ヶ池トレッキングコース(3時間)”は、
結構厳しいらしいので、やめました。
次の日が仕事でなければ行ってたかな。

テントをたたみ、帰る準備。
帰りは中岳の山頂を経由しない“巻き道”という近道で帰ることにしました。
ここは、難所のある危険な道。
前日に宝剣岳を経験した私たちは「行けるやろ」と、自信に満ちた気持ちで
重いザックを背負い、巻き道を目指して歩きました…

が…


その4につづく。

スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

リベンジ登山 その4 ありがとう木曽駒ヶ岳 «  | BLOG TOP |  » リベンジ登山 その2 恐怖の宝剣岳

プロフィール

いーちゃん

Author:いーちゃん
時々トリマー。
家族は、旦那、大学院生の息子、ペット系営業職の娘、ウエスティ3頭。
トムクルーズファン歴32年(トムと会話経験有♪)/登山/カメラ/動画編集/ギター/英会話/モノ作り/心理学/自己啓発/冒険好き/バレーボール(サークル)ソフトボール(連盟)、ラグビー(指導員)経験あり

★特技はウエスティのトリミング。 我が家のウエスティ・ジャムはオーナーハンドラー(旦那)によるJKCチャンピオン。

最近の記事

最近のコメント

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

ブログ翻訳

powered by 電脳PC生活
powered by Silver Windows

ブログ内検索

FC2カウンター

QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。