topimage

2017-06

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鬼嫁宣言 - 2012.05.20 Sun

私は専業主婦ではない。
なぜ嫁さんだけが食事の準備などをしなければいけないのか。

仕事をしていた日曜日。
正直そんな日は夕食の準備を代わってもらいたいものだ。
仕事をする時間に差があるとはいえ、休みの日くらい助けてほしいと思うのは
罪にはならないはず。

私の父も兄も料理ができた。男性も料理をするべきである。
しかし、我が旦那ポストマンはできない。
料理をする必要がなかった環境で育ったことも大きな原因だが、
私が今まで料理をすべてやってきたことも原因のひとつである。

結婚25年。ふたりとも今年は46歳になる。
どちらがいつ健康を損なうかわからない。食べることに困ることが一番の苦労。
私が寝込んだらどうなる?そろそろ料理も覚えてもらわなければ。

お好み焼きの材料が揃っていた夕方。
私は一方的に言い放った。
「仕事した日曜日は晩ご飯作ってもらうことにした。
S汰(息子)とふたりで作って」

部屋にいる息子にも告げに行った。「今日はお父さんとふたりで晩ご飯作って」
「今、お父さん、ご飯の支度してるから手伝い」

もうすぐ21歳になる息子。母親の私に言われるがまま、反抗もせずにキッチンへ。

あ。そうか。。確信した。
「現実の場で面と向かって親に本音が言えず、反抗できない人間だから、
ネットの場で親を恨み、暴言を吐くのだ」

息子は、家族とは口を閉ざしているが、幼いころから変わらず今まで
私の作るご飯も残さず美味しそうに食べてくれるし、色々と手伝ってくれる。
現実で本音を吐いてしまうと親を悲しませることになる。
家族の関係が悪くなることを知っていて、だからこそネット上に吐け口を
置いていたのだ。なるほど、優等生の気遣いである。


キッチンへ下りた息子に、ポストマンは「手伝わんでええで、上がっとき」と声をかけた。
息子、部屋へ戻る。

本心はどうであれ、ちゃんと下りてきてくれた息子の行動は嬉しかった。

ふたりのそのやりとりとポストマンの調理の準備を見ながら、私はお風呂に入った。
コンコンコンとキャベツを切る音を聞きながら湯船につかるのも、
なかなか心地よいものだ。



私がやれば30分で済むお好み焼きの準備を、ポストマンは1時間かけて、
そして、ようやくお好み焼きの生地作りが終わった。
結果、私が作るようにうまく出来上がらなかったことで、毎日料理をする私の
苦労が少しわかってくれた様子。

私「粉が多すぎて、キャベツ少ないけど、この柔らかさ、好きやわ。美味しい♪」
普段私が聞きたいと思っている「美味しい」が言えてよかった。

そのあと続けて、息子に「お父さんのお好み焼き、どう?美味しい?」
と聞いた。
「うん」

ちょっと聞き方をミスった。「美味しくない?」と聞けばよかったな。
「美味しい?」だと「うん」のひとことで済まされる。
否定で聞けば「美味しい」という言葉が息子の口から引き出せたかもしれない。
こんな簡単な会話さえもないのが、我が親子関係である。

さて。
こうして、今夜、晩ご飯を作ってもらうことになったのには、あるきっかけがある。

実は…。私を怒らせたのである。
お昼前、買い物に出たポストマンに「私が仕事中に食べるおにぎり」を
買い物リストに追加してもらおうと携帯に電話したところ、電話に気付ず帰宅。
仕事をしている私に顏も出さず、仕事部屋を通過してしまったので、おにぎりが
欲しかったことも言えず、お腹をすかせたまま仕事終了。

お腹すくと、機嫌が悪くなる嫁には気を付けた方がよい。
                         (笑)

スポンサーサイト

● COMMENT ●

No title

おーこわ^」^
怒るのも無理ないけど、
料理なんて簡単なので、ポストマンやったらすぐできるよ。
そんなに、してほしかってんやったら
何で今まで言わなかったのか不思議・・・
今時、男料理の10や20!作れないとね^」^
味は保障できないけど!

ポストマンがどこまでの山を目座すのか分からないけど
山に入れば、一切平等の世界、
適材適所の仕事もあるけど、料理を含めた、簡単な事は
メンバー全員が、出来ないと、遭難につながる。
俺が食担やったとしても、右手を怪我したら、ほかのメンバーで
作ってくれないとね。
家で練習がてら、料理してくれてったら俺も頼れる。
テント生活で、手際良く作れて、後片付けまで
一連の動作で出来るようになってて欲しいなあ。

過去に、山に入ったとき、ビーフシチューを作ろうとしたら、他のパーティーで事故発生、俺は現地に向かって残ってる二人の仲間に、水の量、野菜、肉は、全部切ってパッキングしてる状態で、後は煮込むだけの作業を、任せたら、それすらわからない状態で、近くのおばちゃんに聞きに行ったそうです。

「お前ら、こんな事すらでけへんのか!クライミングの練習も大事やけど、カレーやシチュー(山では定番)ぐらい、美味しいのん作れるようになっとけ!」って何でもオールマイティーにこなせる大事さを語った事がある。

焼き飯、焼きそば、パスタ、サラダ、漬物、いろんな鍋、豚キムチ、豚のしょうが焼き、肉じゃが、ほうれん草の胡麻あえ、フレンチトーストなど、簡単なのでいいから、自分の必勝パターン定食を教えてあげら!

自分が料理するようになって
「自分で作った方が美味しい!好きなのんいっぱいてべれる」
って思うようになって、どんなにしんどくても
自炊できるようになった。

いまは、スーパーで特価のを買って、それに合わせた料理するので
気合はないけど、もっとれパートリーは増やさないとって思う。でも、誰かに作ってもらったら、美味しいよね!
自分の腕前が悪いの、センスがないのが良く分かる。
イーちゃんは、速攻で出来る料理が、全部美味いもんね^」^
気合入ったら、どんだけ美味いのかな・・・

ポストマンの料理!楽しみにしてるわ。
俺だけかなあ?作ってもらう焼き飯とか焼きそばとか
美味いって感じるの。自分で作ったらまずくはないけど・・・

今度のハイキングは、料理の話で盛り上がろう!
コツとか、ワンポイントアドバイスとか、いっぱい教えてや?
って言うか、イーちゃんがポストマンに料理教えてる時に
俺も参加したい!!!!!
ノートと鉛筆持って行くから^」^
我流やから基本って知らんねん・・恥ずかしいけど


昨日から秀やんと百名山の八経ヶ岳行ってきた。帰り道、間違えて
死にそうになり、さすがの秀やんも1時間無口になり、読図もっと勉強しようって反省してる。無事故で帰ってこれって、ラッキーやった。
面白珍道中!秀やんに聞いて。聞くも涙・・・笑いすぎてやけど^」^

























スッパイダーマンへ

はっはっは(≧∀≦)ノ やっぱスッパイダーマン!
嬉しいわ、応援してくれて。ありがと。
>何で今まで言わなかったのか不思議・・・
はい(-´ω`-)、そやねん、私も怠慢だったわ。

>右手を怪我したら、ほかのメンバーで作ってくれないとね。
了解致した!( ・∀・ )ゞ

>他のパーティーで事故発生、俺は現地に向かって
↑なんか、これカッコエエわ~~♪(事故はないほうがいいけど)
そういえば、こないだみんなで伊吹山に行ったとき、山頂で肉離れおこしてた男子がおったやん?
あれ見て、スッパイダーマンが声をかけたときに、あの男子を担いであげるんかと、一瞬思ってん(^^ゞ
「すげ~、スッパイダーマンやるやん」と思ったけど、実際スルーしたので、「たしかに。それは甘いわな」と感じた(^_^;)
現実は厳しい…ふふふ。

>気合入ったら、どんだけ美味いのかな・・・
褒めすぎ(*^。^*)♪。
でも、旦那は何作っても絶対に美味しいと言ってくれないので、スッパイダーマンの感想は嬉しいです。
男子はガツガツ食べて、大げさに感想を言うべきね(^^)v。

また道を間違えたのか…( ̄‐ ̄#)ドンマイ
秀やんの珍道中話、めっちゃ楽しみ♪たぶん、下ネタやね。。。
また呑み会しましょう!あ、ウチ来たらあかん、子どもには聞かせられへんもん、秀やんの話…ヾ(≧∀≦)爆

No title

伊吹山の男の子!
ストックとリュックで簡易たんかを作って
秀やんと二人で、運ぼうか悩んだけど、時間もなかったし、
こっちも事故寸前の雰囲気あったので、
自分のパーティーを優先しました。

携帯つながるから、最悪あの子達が、救急車呼んだら
救助隊が来てくれる。
スルーしたのは、辛かったよ。
あの子らが運悪いだけ。

人の心配より、自分達の心配!
最悪の事態のための、トレーニングや用意はしとくこと。




スッパイダーマンへ

さきほどは電話ありがとう。

>こっちも事故寸前の雰囲気あったので、
たしかに…ヘッドライトなしの下山だもんねぇ…。

自然相手のスポーツはホンマ真剣勝負やね。
今日の葛城山でもヒヤリとした場面に遭遇したわ~
ロープーウェイで登った人たちが、混んでるために自力下山してる人が
多かったんやけど、登山用の靴じゃない。
私の前を下山してたオジサン、ツルツルすべって、危うく滑落寸前。
こわかったー!
私の後ろを歩いて下りてたオジサン、急斜面でつまづきかけて、スピードが出てブレーキかけれなくなって、草むらに突っ込んでなんとかストップした…
一歩間違ったら、私も巻き添え((( ;゚Д゚)))
…色々と学ばせてもらってます・・・


管理者にだけ表示を許可する

つつじ満開の葛城山 «  | BLOG TOP |  » マー坊のおでかけ

プロフィール

いーちゃん

Author:いーちゃん
時々トリマー。
家族は、旦那、大学院生の息子、ペット系営業職の娘、ウエスティ3頭。
トムクルーズファン歴32年(トムと会話経験有♪)/登山/カメラ/動画編集/ギター/英会話/モノ作り/心理学/自己啓発/冒険好き/バレーボール(サークル)ソフトボール(連盟)、ラグビー(指導員)経験あり

★特技はウエスティのトリミング。 我が家のウエスティ・ジャムはオーナーハンドラー(旦那)によるJKCチャンピオン。

最近の記事

最近のコメント

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

ブログ翻訳

powered by 電脳PC生活
powered by Silver Windows

ブログ内検索

FC2カウンター

QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。