topimage

2012-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ある山記録を読んで。 - 2012.08.29 Wed

山の話ばかりです。<(_ _)>

山登り記録が書籍になったあるブロガーさんのブログを読んで思ったんですが。

私とは違ってヤングなリアル山ガールであるそのブロガーさんは
都会とは別世界の山の美しさに感動したのがきっかけで登山を始められました。

山歴はそんなに長くないにも関わらず、時々危険な登山もされてるご様子。
その若さとチャレンジャー精神が羨ましく思った反面、趣味を楽しむ上で
忘れてはいけない大事なことを再確認させてくれた山記録でした。

どのような山の楽しみ方をするか。
人それぞれです。
ハイキング、山登り、ロッククライミング…山の楽しみ方といってもいろいろ。

このブロガーさんはたぶん未婚者。

既婚者と未婚者で、山の楽しみ方も違うと感じました。
守るもの(子ども・パートナー)がある人とない人の違いのような…。

もう大きいとはいえ、私には守るべき大事な子どもがいて、自分の命を粗末にしてはいけない、
そう思って「危ない登山はしない」と言ってます。

先日の宝剣岳に登ってる若者を見てて頼もしいと思いましたが、
宝剣岳のビデオを家族で見ながら、子どもには「危険なことはしないでほしい」
「行きたいなら、いっしょに行こう」と言いました。
親心から出る言葉です。
家族のためにもムリはしない。
事なかれ主義のようで、私にはふさわしくない気もしますが、自然を相手にするスポーツは
「慣れ」と「危険」が隣り合わせだということを忘れてはいけません。

私の両親も兄も山登りが好きで、母は50代すぎてから山登りを始めて
父も富士山に単独で登りました。
家族が山にハマってた頃、私は山に興味がなかったので、山・自然の怖さは知りませんでした。
流行に押されて自分が山に入るようになった今、周りの経験者から話を聞いたり
教えてもらったりして知識が増え、少しずつですが怖さも学んでます。
そして、今つくづく思うのは、あの頃家族が怪我もせず
(富士山登頂した父はえらいことになってたけど(^^ゞ)
無事に山登りを楽しんでくれた家族への感謝です。

親である私は、子どものためにも、実家の親のためにも、安全優先の山登りを楽しむ。
流行につられて、限度を越すことのないよう気を付けようと思います。


さてー。がらっと話題は変わる☆
ライオンキング大阪公演。

一般発売の初日に、なんとかかんとかゲットできたチケット。
今日届きました…嬉しいヾ(*´∀`*)ノ
まだまだ先だけど、楽しみで楽しみでたまらない~~☆☆(〃▽〃)

NCM_0082.jpg

スポンサーサイト

トップイメージ変わりました - 2012.08.28 Tue

トップイメージを変えました。
ポストマンがスマホでパノラマ撮影した画像です。
飽きたらまた変えます(^^ゞ


リベンジ登山を読んでくださった方、ありがとうございます。
動画はちょっと長かったけれど、全部ご覧になられた方、感謝です☆
こだわって撮影・編集した2本目のラストシーン、いかがでしょう?
気に入ってるんですけど、、やっぱり自己満足かなぁ~
ご覧になられてない方、チラ見だけでもお願いします┬|・_・`)チラリンッ

BGMはディズニー映画のボサノバ♪
2本目に私の大好きなライオンキングの楽曲も入れました。
思い出になる動画はお気に入りの曲を入れるのが一番ですね。
今後、その曲を耳にするだけで、木曽駒の登山の思い出が蘇ることになります。
音楽は大事です♪

facebookからブログ(動画)を全部見てくださった友達の細かい指摘に笑いました。
テントひとりで立てて、焼きそばを作らされて、、、
コーヒーのお湯をこぼしまくってたり、目玉焼きも焼けないポストマンの様子…
私がポストマンをこき使ってる様子が伝わったそうです(^^ゞ
これからは、大人しめに、、私がマメに動いてる様子も撮っていこっ(;^ω^)

fbのコメントの返事にも書いたんですが、
宝剣岳の登山時の恐怖心について。
お産といっしょで、日にちが経つと、あの時の恐怖心をどんどん忘れて
「また登れそう」なんです。
お産も、死ぬほど痛い思いしてるのに、日にちが経ったら忘れて
次の子どもを授かるのが平気になってます…
痛い経験も怖い経験も忘れて、数を重ねれば慣れるもの~ 人間っておもしろいなぁ。

お産と同じように考えてしまいましたが、危険は紙一重。
毎週観てる「サマーレスキュー」(山のドラマ)でもありましたが、
山で命を粗末にしてはいけません。
気を引き締めていきましょう。


さて。来月免許の更新があるので、乱視が気になる目を診てもらいに
眼科へ行ってきました。
視力は両目とも、1.5でした。よく見えてるがな~(*^^)v
他も問題なし。見えてるから乱視も気にしなくて良いとのこと。
ただ・・・遠くはよく見える…近くが…(´・ω・`)ショボン 老いには勝てぬ。

初めて訪れた眼科。(近所のショッピングモール内にある眼科)
お歳をいかれた先生の言葉に九州のなまりがあったので、
「先生、どちらですか?」と聞いたら、「鹿児島です」
やっぱりo(。´・∀・`。)o
鹿児島の方はなまりが取れないんですよね。
故郷がいっしょとわかってから、診察室は懐かしい故郷の話で
盛り上がりました。
田舎の話になると、私もイントネーションが完璧に鹿児島県人(^^ゞ

父と同じような年齢で、医者というより職人のような先生だったので、
まるで父と話してる感覚でした。
嬉しかったな~(*^。^*)
目は悪くないとのことなので、その眼科へ行くことはありません。残念。

リベンジ登山 その4 ありがとう木曽駒ヶ岳 - 2012.08.25 Sat

木曽駒ヶ岳からの帰りに必ず登らなければならない中岳。

中岳の登山道は、結構急な登りなので、途中で休憩される方も多いけれど、
もう何度も登り下りしてるので慣れた道。

巻き道からテン場の方へ出てこられる方を4,5人見かけたので
「そんなに危なくないんかも。行ってみよか」と私。

そして帰りは、地図に「危険」と書かれた中岳の巻き道を歩くことにしました。

途中までは良かったんですが、ある地点から、絶壁の道なき道。
壁面を横に進んで歩きます。

前日の宝剣岳で、あまりの怖さに山梨の男子が「股間がキュンとなります(>_<)」
(ここでは、そういう表現にしておきます(^^ゞ)
と言ってたのを思い出しながら歩きました。
その男子の返答に「わかる、わかる!」と言った私。
自分で言っておきながら、おかしかった(^_^;)
付いてないのになんでわかるねん(-ε-o)

背中には重いザック。重みでバランス崩せば…(怖)

下山後に背負わせてもらったんですが、ポストマンのサックの中身は15キロ。
後ろにひっくり返りそうでした。
力持ちなポストマンも緊張しながらの巻き道となったでしょう。


危険をとるか、急こう配を登るか。
近道にはリスクがあって当然ですね。。

鈴木ともこさんのマンガにもありました…

NCM_00781.jpg


そして、無事に乗越浄土に到着。
千畳敷カールまで下りてきて、2回目のソフトクリームを食し、
AM11:20にはバスターミナルの駐車場へ下山。

お疲れちゃん。楽しかった~!
富士山も日の入りも流れ星もご来光も、ぜーんぶ達成☆
濃ヶ池コースには行かなかったけれど、宝剣岳に登れたからヨシ。

温泉で体を癒して、お昼ごはん食べて(食事付き温泉1000円也♪)
帰阪。長野駒ヶ根から大阪までノンストップで3時間でした。

NCM_0072.jpg
温泉600円なので、↑エビかつ定食400円也。

最後になりましたが、1日目、同じようにテント泊していた2人の男の子(動画に映ってます)
に、宝剣岳でバッタリ会い、カメラを持って登っていた男の子に「写して~♪」と
わがまま言って撮ってもらいまして、その写真が只今メールで送られてきました♪ヽ(・∀・)ノわーい

DSC011721.jpg

サングラス取るの忘れてるぅ(´・ω・`)
でも、絶壁で笑顔の写真。ド厚かましい大阪のおばちゃんのわがままを聞いてくれてありがとう♪

写真撮ってくれた彼らをポストマンが写してました。
宝剣岳にて

動画↓ 本当に危ない場所・シーンではビデオを回してません…あしからず。






おわり。

リベンジ登山 その3 - 2012.08.25 Sat

なんだか最近、ブログに載せる写真が大きくなってきたと思いませんか?
顔を隠さないオープンなFacebookの影響と、老眼のせいでしょうか、、、
顔など細かいところが見にくいので、モザイクを入れなくても平気になってきました(^^ゞ

目は衰えてきたものの…
体力はまだまだ若い子に負けてません。

1日目、急こう配の八丁坂で登山ツアー25人の団体さん達を一気に抜かしていく時に、
年配のおじさんが山ガールの私を見て、「お~山ガール!かっこいいなぁ」と
おっしゃいました。
それを後ろで聞いたポストマン、おじさんに向かって「ガールじゃないですよ」(-ε-o)ボソッ
おじさん「いや、いや、十分、ガールやわぁ~」

ガールやし(*^^)v
体内年齢を計ったら、いつでも19歳やし。

そして、中岳を登るときにすれ違った中学生男子が私に言ったひとこと。
「まだまだ若いですな~」…オッサンカ

私「なんて?若いって?そうよ、若いよ(*^^)キミおもろいなぁ~」
中学生「すれ違う人と友達になりたくて(^^ゞ」
40代のおばちゃんと友達に??ワロタ(≧▽≦) 

登山で人見知りは損です。見知らぬ人との会話から色んな知識を得ることもできます。
目を合わさないように登山してる人には挨拶しませんが、目を合わしてくれる人には
積極的な挨拶と励ましの言葉を掛け合います。



さて。前記のつづきです。
快晴に恵まれ、1日目に富士山を眺めるという目標をクリアしました。
すぐにガスってくるアルプスの山。山サイトの天気予報では木曽駒は夕方から曇り。
次の目標、夕日は無事に見えるのか…

NCM_0058.jpg

晩ご飯は焼きそばを作りました。
麺は1玉ずつでしたが、ふたりともお腹いっぱいになりました。
食後のココア、山荘で買った赤ワイン。。。
私もワインを飲むつもりだったのに…実は登山前日にお客ワンコに左手を
本気咬みされて、傷が深かったため病院へ…。
登山中、化膿しないよう抗生剤を服用してたためアルコール禁止( ̄‐ ̄#)
どよよんです(#`-_ゝ-)
2日間、消毒と塗薬をかかさず。なんとか治ってきましたε-(゚д゚`;)フゥ
facebookのみんなも言ってくれてたんですが、この傷が厄払いになって
快晴のリベンジ登山となったような気がしてます。
そういえば、薬を処方するとき、先生が「登山だったら、眠気やめまいがするような薬は
ダメねぇ?普通の出しときましょか?」と聞かれました。
きつい薬を服用してたら、宝剣岳は危なかった…ヨカッタ

日が暮れて、綺麗な夕日が見れました。

IMG_7480.jpg
御嶽山の後ろに太陽が沈みます。

0101JPG.jpg
沈んでから、ますます空が赤く色づきます。

夕日を堪能しました。

夜。かなり寒いのでダウンを着て寝ました。
そして、私はなかなか寝れず。宝剣岳の興奮冷めやらず(´゚ω゚`;)
ポストマンはワイン飲んだおかげで、すぐに眠りに就く…( ̄‐ ̄#)クソ

山サイトでは、夜も曇りの予報。さて星空は見えるのか…
が、そんな心配は必要ありませんでした☆
山荘の明かりが点いてる時間帯は満天の星空とは言えませんでしたが、
ポストマンが3時半頃トイレに行くと行って目を覚ました時に
テントから空を見上げると…
そこはまさにプラネタリウム☆彡星を隠すものが何もない、
ものすごい数の星、手が届きそうでした!

寝袋に入ってあおむけに寝たまま、テントの入り口から顔だけ出し、シューズを枕に
空を見上げました。
そして、そして、ポストマンはトイレに行ってる10分ほどの間に
流れ星4つ見ましたヾ(*´∀`*)ノ キャッキャッ♪
しかも、3つ目の流れ星は、とても大きくて、流れて消える時に燃えて光り、
最後に大きな火花を散らしました。超、超、超、感動でした!
深夜なのに「キャー!すごい!!」と叫んでしまいました。周りのテント泊の方を
起こしたに違いない(^^ゞスイマセン

山小屋に泊まってたら、この感動はなかったと思います。
テント泊最高!!!
ちなみにビデオや一眼のカメラに写すことはできませんでした。
ポストマンは流れ星をひとつも見ず…ドンマイ。

流れ星を見る!という3つ目の目標、クリアです。

山頂でご来光を拝むため、そのまま起きて、身支度しました。
日の出予定はAM5:10。山頂で朝ごはんを食べる準備もして、AM4:40テン場を出発。
どんどん明るくなってきてたので、猛スピードで登り、山頂を目指しました。

山頂にはご来光を拝みに登ってきた方が20人くらいいたでしょうか。。
変わってゆく空の色に感動してました。
デジカメで上手なナレーション入れながら動画を撮ってるおじさん。
そのナレーションが入るように私もその横で撮ればよかった(^^ゞ

IMG_7514.jpg

南の方向には前記その1で載せた「裏富士」もくっきり。
雲海の上にあるアルプスの山々の山頂からたくさんの登山者がご来光を拝んでる時間。
山頂から拝んだせいでしょうか、去年、乗鞍岳から見たご来光よりも感動しました。

IMG_7529.jpg
朝日を浴びる槍ヶ岳。壮大です。

ご来光を拝んだ登山者は私たちを除いてほぼ全員下山。
ひと組の夫婦がお湯を沸かしてコーヒー飲んでましたが、そのご夫婦もすぐに下山。
6時頃から30分ほど駒ヶ岳山頂は貸切になりました♪なんて贅沢♪

IMG_7544.jpg

放射冷却?気温は5℃。寒い ((;゚ェ゚;))
テン場から持って上がってきたウインナーと玉子を焼いて、コーヒーを飲んで、パン食べて、
山頂というリッチな場所で朝食をとり、下山。

木曽駒ヶ岳の天気は午後から下り坂とのこと。
行けたら行こうと決めてた“馬の背~濃ヶ池トレッキングコース(3時間)”は、
結構厳しいらしいので、やめました。
次の日が仕事でなければ行ってたかな。

テントをたたみ、帰る準備。
帰りは中岳の山頂を経由しない“巻き道”という近道で帰ることにしました。
ここは、難所のある危険な道。
前日に宝剣岳を経験した私たちは「行けるやろ」と、自信に満ちた気持ちで
重いザックを背負い、巻き道を目指して歩きました…

が…


その4につづく。

リベンジ登山 その2 恐怖の宝剣岳 - 2012.08.24 Fri

登山。あらためて、書いていきます。

22日水曜日。AM3時起床。AM3:35出発。
途中、SAで15分ほど休憩をとり、6:55バスターミナル到着。
前回は雨だというのに、バス待ちに300人の行列。
ピカピカの青空のこの日は、5人ほど並んでたかなぁ~

バスとロープーウェイに乗って、AM8:13千畳敷カールへ到着しました。
気温は16℃です。涼しい(*^。^*)

ピカピカの晴天!
この登山のクリアすべき目標。
①富士山を眺める
②綺麗な夕日を見る
③流れ星を見る
④山頂からご来光を拝む

高山の天気は不安定です。全部叶うことができたら、最高です。

1時間ほど千畳敷カールでのんびりして、AM9:13テン場に向け出発。

IMG_7411.jpg
天狗岩

中岳の急こう配を登って下って、AM10:50頂上山荘の前にあるテン場到着。
今日はテント泊です。幕営料ひとりにつき800円です。
前回も驚いたんですが、ここはトイレがキレイすぎる…
標高2900mにあるトイレとは思えない…
女子には助かります♪

テントを張り、荷物を置いて駒ヶ岳山頂目指して登りました。
テン場から山頂までは15分。岩がゴロゴロしてるけれど、ちょろい。

12:15 木曽駒ヶ岳登頂
ガスってたので青空が見えるまでしばし休憩しました。

その後、テン場に戻り、先ほど越えてきた中岳を再び登って下って、
ソフトクリームを食べるため宝剣山荘へ。

めちゃくちゃ、んまかった~(*^^)v

山荘から見える宝剣岳が私たちを呼んでいるような気がしまして…
山荘の人に「宝剣岳は往復どのくらいかかりますか?」と聞きました。
「今日はすいてるので30分くらいですよ」とのこと。

「へ?30分?ちょろいやん」

甘い。じつに甘い。ソフトクリームよりも甘い我ら。

Houkendake-3.jpg
宝剣岳Yahoo画像より。

この山。岩だらけです。下から見ると頂上直下の恐怖がよくわかりませんでした(^_^;)
先月、「宝剣岳は滑落多発」と知って、「危ない、ここは行かん」と決めてたのに、
1か月経ったらもう忘れてる私…(#`-_ゝ-)

宝剣岳に登る直前、山荘の人が「クサリ場なので気を付けて」と言いました。
クサリ場の恐怖を知らない初心者…。
「は、はい(゚∀゚ ;)行ってきます…」

駒ヶ岳山頂で仲良くなった山梨の5人組がいるんですが、
宝剣岳でもいっしょに登ることになりました。

クサリ場…。ヒェε=Σ(`д´;ノ)ノなんじゃココは~!
怖すぎるガクガク((( ;゚Д゚)))ブルブル
道なんてない。岩に足を置いて登っていく。。
岩とクサリをしっかりつかむ握力がないと… 落ちる。。
落ちるとこの世が終わり、次の世へ。。。

私の前を登っていた隊長と呼ばれていた男子が、ある地点で止まり、
私に恐怖の絶景を知らせました。「この先ビックリしますよ、覚悟してください」
なぬ~(*`ロ´ノ)ノ

ありえない景色が広がってました。

そしてついに登頂。
真のピーク、ひとりだけ立てる巨石には男性でさえそこへ立てる人は少ない。

が。
山梨の5人組の女子のひとりが平気で巨石に登ったのです。
心臓が100個あるんちゃうかー(>_<)
かっこいい~☆

IMG_7458.jpg

この下は絶壁。突風が吹いたら…ε=Σ(`д´;ノ)ノ

負けじと登った男子。
IMG_7460.jpg

ええもん見せてもろた(^_^;)

山頂へ登ったものの、怖くて動けず(>_<)
登ってきた崖をまた下りていかなければいけないことを思い出した時、
「怖いからココにおるっっ」とワケわからんこと考えてしまいました(^^ゞ

そんな恐怖登山は無事に終わりました。
登る前に山荘で私が発した言葉「30分?ちょろいやん」…撤回。
ソフトクリームより甘い私でした。ごめんなさい。
今夜は夢に出てくること間違いなし(~_~;)

宝剣岳に登った漫画家の鈴木ともこさんが、同じことを書いていました。

NCM_0077.jpg
「山登りはじめました」より

山梨男子と同じこと言ってるオジサン。

NCM_0076.jpg

景色は鈴木ともこさんが描くこの絵の通りでした。


・・・中岳を再び超えて、テン場に帰還。
そして夕方の日の入りを待ちながら、夕食を作りました。


つづく・・・

リベンジ登山 その1 - 2012.08.23 Thu

22、23日、木曽駒ヶ岳へリベンジに行ってきました。

まずは、写真の一部で、2日間をざーっと紹介。

IMG_7363.jpg
バスとロープーウェイで千畳敷カールに到着。快晴で真ん中に富士山が見えます。

IMG_7361.jpg
先月はここは雪渓のカールでした。

IMG_7414.jpg
前方は恐怖の宝剣岳。技術と体力がないと登ってはいけない山。
くさり場が多く滑落が多発している山。

IMG_7447.jpg
宝剣岳ピークを目指す。狭い岩に足を乗せて横ばいか腹ばいで登る…。
この下はそのまま絶壁の崖。
足が滑ったら終わり。即、父と兄のいるところへ(>_<)

IMG_7465.jpg
宝剣岳ピークの岩の下。2931m。とがった山頂で、山頂はこのスペースだけ。
笑顔だけど、実は怖すぎてガタガタ。

IMG_7505.jpg
駒ヶ岳山頂。夜明け前

IMG_7502.jpg
夜明け前の富士山。

NCM_0068.jpg
ご来光

IMG_7543.jpg
木曽駒ヶ岳2956m。気温5度。今回は2回登頂。

010.jpg
2日目下山。中岳で近道をしたが、ここは危険すぎた…。ザックの重みで滑落の危険度UP。

NCM_0071.jpg

帰りの千畳敷カール。やはり快晴。

最高の天気に恵まれた2日間でした。

つづく・・・

あらら~ - 2012.08.20 Mon

いちげんさんの新規お客ワンコの初日は、性格を読み取るまで、
ちょっと緊張します。。
「咬まへんか」

今日のいちげん新規さん。
ダックスと柴犬系のミックス犬2頭。
大きな麦わら帽子をかぶった年配の方が連れてこられました。

「吠えたら、しばいてね~」

いえいえ、しばきませんけど(^_^;)
この飼い主さんのひとことから「ちゃんとしつけ出来てそう(*^^)」
そう思いました。
保健所行きだったワンちゃんを引き取って飼ってるとのことで、
「しばいて」という言葉のわりには、飼い主さんはとても優しそうな方でした。

NCM_00351.jpg

犬に対しては闘争心があり、無駄吠えの多いダックスの血をひいてるけれど、
チャイムが鳴ってもまったく吠えず。すべてにおいて大人しい2頭。上手に育ててらっしゃいます。

NCM_0037.jpg

夏はみんなツルツル。

暑いので帰りは車で送って行ったのですが・・・

家に戻ったワンコたちの行動にびっくり∑(゚ω゚ノ)ノ。。
玄関先の衣装ケースと、庭用のプラスチック製の小さな池に1頭ずつ入り、
飼い主さんにお水を入れてもらい、気持ちよさそうに浸かりました。。

あ~あ、今、シャンプーしてきれいに乾かしてきたところやのに。
コートコンディショナーのスプレーもしたのに(#`-_ゝ-)

NCM_0040.jpg

でも、しばらくこの気持ちよさそうな犬たちの顔を見てると、
「ま、いいっか♪♪」そんな気持ちに(*^。^*)♪

水浴びが好きなワンコたち。
我が家の近くにある川に水遊びに来て、
我が家の“犬のさんぱつします”を見つけたようです。
この飼い主さんに命を助けられて、大好きな水遊びができて…
これからも幸せな犬生が送れますように~☆

甲子園 - 2012.08.19 Sun

サービス業以外の方々のお盆休みがそろそろ終わり、
世間は平常に戻りつつあるのでしょうか。

有難いことに、お盆もお盆明けも(ほどよく)仕事してる私であります。。


さて。夏になると、いつもバレーボール仲間から
「いけちゃんのシーズンが来たなぁ♪」と言われてました。

野球に限らず、スポーツ頑張ってる子は、いいですね~
(スポーツやってて、頭のいい子・・・特にイイ♪理想的♪)

最近は甲子園に行けてなかったんですけど・・・
昨日、久々に高校野球の応援に行ってきました!

休みを入れていた昨日は実に私に合わせたかのような好カード!
第一試合、私の生まれ故郷・鹿児島の神村学園、
第二試合、大阪桐蔭。

大阪桐蔭の応援に行くには、どちらにしても第一試合から甲子園入りしないと
席が取れません。ちょうどヨカッタ。

朝、4時起き。
5時21分の始発に乗り、6時半前に甲子園着。
すでに、横8列にもかかわらず売り場から100メートル後ろ、
長蛇の列(~_~;)。
7時開門。
陽の当たらなくて、風が通る中央上段通路側の理想的な席を
無事にゲットしました(*^^)v

NCM_0024.jpg

7時過ぎにもうこの観客。
中央のど真ん中だと、ネットがあって飛んでくるファーボールがとれません。
ちょっと3塁側にずらします
(高校野球はスタンドに入ったボールは貰えます←とる気満々(^'^))
鹿児島、大阪、両校ベンチは3塁側。ナイスでした。

クーラーバッグには凍ったお茶とジュースや、行動食(甲子園で遭難しないため(笑))
を持ってきてましたが、やっぱり、これはないと↓

NCM_0026.jpg

残念ながら鹿児島は敗退。

第二試合の大阪桐蔭は予想通り、勝ってくれました。

NCM_0029.jpg

大阪桐蔭の勝利を観て、甲子園を出ました。
途中、梅田で抹茶スイーツ食べようと何軒か見て回りましたが、気に入ったお店がなく、
(銀閣寺のそばで食べたパフェが安くておいしくてボリュームがありました。
それからというもの、他店のパフェがすべてイマイチに見えてしまうのです(#`-_ゝ-))
・・・そのまま帰宅。

その直後、あの雷雨。
のんびりとスイーツ食べてたら、帰れなくなるところでした( ̄‐ ̄#)


母の目線で見てしまう高校野球。
ピッチャーの母になる、バッターの母になる、、、感動するたびにウルウルして
気持ちが大忙しの観戦です。

明日は、天理vs大阪桐蔭。近畿勢が1校消えてしまうのは残念…(-´ω`-)シュン
勝利の行方を楽しみにしながら仕事します。

今年はどこが優勝するかな。
(*^。^*)

雷、慣れたのか?マー坊 - 2012.08.14 Tue

今日の大阪は早朝から豪雨。
本日の仕事は10時来客で、いつもより1時間遅かったので「もう少し寝よう」と
思ってたのに、結局、ピカピカゴロゴロうるさい雷にたたき起こされてしまいました。

それにしても、すごい雨。
側溝が機能せず、坂になっている我が家の横の道路は滝。
雷も延々鳴りつづけました。

そういえば
雷を強烈に怖がる愛犬マー坊はどうしてるんだろう…

普段なら、怖くて怖くて悲鳴を上げてるんですが…
そんな悲鳴は聞こえてこない。
そぉ~っと、犬部屋を覗くと、∑(゚ω゚ノ)ノ
「シ~~~~~~ン」静か。

怖がってない。落ち着いてる。
なぜ?(?_?)耳とぉなった?

人間の子どもといっしょ。大人(飼い主)が平然とし、大げさにしなかったら
慣れて強くなるものかもしれませんね。


さて。
お盆関係なしに普段通り仕事してるポストマンと私。
今朝の豪雨で、電車がストップ。
お客ワンコが来られる時間が10時で、時間があったので、旦那を職場まで送り届けました。
ちなみに、家を出発したときは雷雨で薄暗く、往復するのも時間がかからないだろうと
パジャマに近い格好(短パン、すっぴん、のーぶら)でした(;^ω^)
そして、自宅に向かって戻る道。
ガソリンランプが点いていたので、行きの道(第二京阪側道)を帰らず、
GSがある別の道を帰りました。

が、
途中、道路が浸水。大渋滞。動かず。
あっちこっち通行止め。
ラパンはナビがない…。前の車に付いて行って、わけのわからないところへ
出てきたり、地理の詳しくない場所でグルグル回って、にっちもさっちも
帰れない状態に…ガァ──(_△_;)──ン
私はいつになったらこの町から脱出できるのか?仕事は間に合うのかぁーーー?汗汗汗

そのうちに雨が止み、すっかり明るくなってきました。
恥ずかしい格好にも関わらず(そんなこと言ってる場合でもなく)
大渋滞の道路沿いのセルフGSでガソリン入れて、サササ…ε=ε=ε=ヾ(*゚ェ゚)ノと
隠れるように車に乗りました。

四條畷方向へ行けないので逆戻り。
若い若いお巡りさんに「ここって、どこですか~?四條畷へ行きたいんですけど~(~_~;)」と
聞くと、「ナビないんですか?」って(▼ω▼)悲。
(あとでМ子に言われて気付いた…スマホにナビを入れておけばよかったんだ(^^ゞ)

あのこちの通行止めのせいで、すぐそばに見えてる第二京阪の側道に入れない。

でも、なんとかかんとか無事に第二京阪の側道を走ることができ、
四條畷に戻ってきました。
我が家の車を停めている駐車場は一面池状態。
びちゃびちゃに濡れながら、帰宅。

仕事開始時間に間に合いました。 ハァ・・ε-(‐ω‐;)大騒動な朝でした。

そして、朝の大騒動にもれなく付いてきた“夕方のポストマンお迎え”


被害に遭われた方々のことを思うと辛くなりますが、
自然災害の怖さを痛感し学んだことを、今後にちゃんと生かしていかなければいけません。

ラウンドワンでプチオリンピック - 2012.08.08 Wed

オリンピック、おもしろいですね~~
観てると、ムズムズしてきます。やりたくて!

で、卓球したい!バレーボールしたい!サッカーしたい!運動したい!
ということで、昨日、休みだったポストマンと、М子とМ子の彼氏を誘って、
ラウンドワン・スポッチャに行ってきました。

初めてのラウンドわん
10代の若者相手に燃えた~~~☆

バレーボールは、突っ込んで突っ込んで膝をすりむきまくり。
周りのネットに激突して大漁・大物がかかったなー状態(^_^;)
もうすぐ46歳になる主婦。はしゃぎすぎ(ノ∀\*)

卓球大会では、金メダルはМ子の彼氏、銀メダルはМ子、そして銅メダルが私、
4位が旦那・・・

バレーボールや、サッカーは、むちゃくちゃで爆笑しすぎて、腹筋が筋肉痛。

NCM_0070.jpg

アーチェリー初体験。とても面白かった!
NCM_0065.jpg

トスバッティング、ロデオ、テニス、etc…
ゲーセンでのギター弾きはなんと、ハマって1時間もやってた(^^ゞ
カラオケはポストマンとふたりで5曲。

4時間いたかな?全部は楽しめてませんが、色んなスポーツがいっぺんに楽しめるので、
また行こうと思います♪

NCM_0078.jpg

最後に無料のUFOキャッチャー券をもらいました。
とても可愛いチキンラーメンのキャラクターが欲しくて、挑戦したんですが
やっぱ、取れず…(-´ω`-)シュン

と、思っていたら、数分後、М子の彼氏が獲ってくれました。しかも、大量。
そのうちの4個、貰いました。イェ──ヽ( ゚Д゚)人(゚Д゚ )ノ──ィ

NCM_0002.jpg


いつものムービーメーカーで使えないファイル形式のスマホで動画を撮ったため、
変換できず、動画を編集できなかったため、動画をスマホから直接YouTubeに
限定公開でUPしてみました。←スマホ、便利!








ナイトハイキング♪ - 2012.08.05 Sun

夏の山登り。
暑くて関西近辺の山は登れない…

夏は北アルプスなど、高山にかぎる…
でも遠い。。

それなら、昼間を避けて、夜に登れば暑くないやん(*^。^*)

ということで、ヘッドライト持参で、近場の山、京都大文字山へナイトハイキング!!

大文字山は2回目。お盆の送り火で有名な大文字焼きの場所へ。
前回、山科方面の山から登り、京都市内の絶景に感動して、「夜景を見に来なければ!」と
思ってた山です。

山メンバーのタコツボちゃんに「今日夕方から空いてる??」とメールをして、急きょ
参加してもらいました♪

IMG_7293.jpg
短時間の山登り&京都でご飯食べるので軽装です。(鴨川を渡る)

車と京阪電車を乗り継いで、出町柳着。
観光客はそこから大文字山の登山口である銀閣寺まで距離があるので
普通はバスで行くけれど、途中、晩ご飯を食べるお店を見つけるためにも、歩きました。

ここは京都。おっしゃれなお店を見つけたい♪
でも、祇園などメインの地域からちょっと離れてます。
駅から登山口までにおしゃれなお店は見つかるか。((o(´∀`)o))ワクワク

ありました!見つけました!京都大学の、ちょと手前。

くらり食房さんです。

NCM_0030.jpg
雰囲気あるお店。ランチやディナー、夜は居酒屋になるお店です。
階段を上がって2階へ・・・
NCM_0035.jpg

想像通りの店内!
IMG_7301.jpg

IMG_7308.jpg

IMG_7300.jpg

NCM_0041.jpg
なぜかいつも3人同じものをオーダーする…

NCM_0042.jpg
煮込みハンバーグうまし(*´゚艸゚`*)

晩ご飯を食べながら、日暮れを待ち、お腹もふくれたところで、さぁ、ナイトハイキング☆

登山口19時10分。

NCM_0044.jpg
暗闇へ…

NCM_0046.jpg
山道、やたらと貼ってあるクマ出没注意。熊鈴持ってきてないし(>_<)
死んだふりする練習もしてないし(>_<)

ヘッドライトをたよりに、山道を登る…
真っ暗なのに、ひとりで下山する女の子とすれ違う…
「足はあったよな…?((( ;゚Д゚)))」

35分ほどで送り火をたく火床に到着ヽ(^。^)ノ
涼しいのに、ザ・汗だく。(冷や汗もある…)

IMG_7323.jpg

遠くに淀川の花火大会が見えてました!京都から淀川の花火を見るなんて☆感動しました。
IMG_7331.jpg

3人で夜空を見上げ、「あれはUFOか!?」「いや、星や!」「飛行機やろ(-ε-o)」
(^_^;)

怖いものが写りそうで山の中の写真は写してません…

夜景を見ながら、スイーツ(わらびもちとか)を食べるつもりにしてて、
小さなクーラーバックまで持参してたのに、、、
下界で買ってくるのをすっかり忘れてました(~_~;)ガックシ

20時23分下山へ。
空が見えない真っ暗な山道、想像どおり、不気味。。

銀閣寺まで下りてきて、「わらびもち食べられへんかったし、京都に着て
スイーツ好きの3人がスイーツ食べずに帰るのは邪道!」
ということで、早速本日の山登りの反省会。スイーツを提供されてるバーにて♪
(登る前にスイーツが食べれるお店をチェックしながら歩いてたのです(^^ゞ)

058.jpg
そして、また3人同じものをオーダーする…

ほかにもいろいろスイーツの種類があって、しかも、てんこもり。
なのに、値段は高くない。
ええ店見つけたー(*^^)v
反省会では、なにも反省することナシ。わらびもちを買い忘れたおかげで
てんこもり抹茶パフェ食べれたし。

急きょ計画・決行したナイトハイキング。
リサーチせずに、いきあたりばったりでの山登り。
お店巡りも楽しかった~。

お手軽ナイトハイキング、また計画しよう♪

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

いーちゃん

Author:いーちゃん
時々トリマー。
家族は、旦那、大学院生の息子、ペット系営業職の娘、ウエスティ3頭。
トムクルーズファン歴32年(トムと会話経験有♪)/登山/カメラ/動画編集/ギター/英会話/モノ作り/心理学/自己啓発/冒険好き/バレーボール(サークル)ソフトボール(連盟)、ラグビー(指導員)経験あり

★特技はウエスティのトリミング。 我が家のウエスティ・ジャムはオーナーハンドラー(旦那)によるJKCチャンピオン。

最近の記事

最近のコメント

カレンダー

07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

ブログ翻訳

powered by 電脳PC生活
powered by Silver Windows

ブログ内検索

FC2カウンター

QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。